1. HOME
  2. 会社案内
  3. 社長挨拶

COMPANY

会社案内

社長挨拶

MESSAGE

一人ひとりの意識の高さが
安全で心地よい街をつくる力になる

林工業は、2003年12月に横須賀市で創業してから足場工事を主体として業務を行い、2008年11月に株式会社として法人化いたしました。2019年に業務拡大のため横浜市に本社を移転し、横須賀市、横浜市を中心に神奈川県から関東全域で業務展開しております。現在はプラント、公共施設、商業施設、競技場、観客席、学校、橋梁、鉄道、法面、マンション、アパート、一戸建てなどで使用される仮設足場の工事を主軸に請け負っている会社です。また、オリジナル鳶服ブランド「匠屋」をアパレル事業として展開しております。

わたしたちは、「鳶職」に誇りを持った集団です。
お客様から選ばれる会社であり続けるため、厳しい施工基準や徹底した施工管理、また技術の向上と人材の育成に全力で取り組んでおります。飽くなき技術の追求から得られる知識と技術力の高さ、エネルギー、そして機動力の速さが特徴の一つです。そして私たちは一つひとつの仕事に「真剣、誠実、丁寧」に仕事を行っております。お陰様で今ではたくさんのお仕事をいただいております。

個人の成長、会社の成長
常にチャレンジし続けることが社会への貢献につながる

林工業は、あらゆる規模の工事に対応できることが強みです。足場資材を自社保有しており、横須賀市内に資材センターを2箇所配置しております。足場の資材を自社保有することで、リースやレンタルといった余分な費用をかけずにコストの削減を図ることができ、大規模な工事から一般戸建住宅などの小規模な工事まで幅広い対応が可能です。

身だしなみやマナーなど社員教育の徹底を目指しています。そして現場の管理(整理・整頓・清掃)など、マナーや礼儀作法を身につけるための社員教育を徹底しています。身だしなみの乱れは、施工にも影響すると考えております。

わたしたちは、「安全・確実・丁寧」を心情にお客様の喜ぶ笑顔が、何よりの報酬だと感じており、これからも常にチャレンジ精神を忘れず業界に貢献し、地域、社会に貢献し、人の質の向上につとめてまいります。

株式会社林工業 代表取締役 林 典幸